無料レポート

今回は不動産購入あるいは売却の見込み客を集客するための無料レポート作成の手順を紹介致します。

この手順通りに進めて頂ければ見込み客の集客に少なからず効果を発揮する無料レポートを作成できるはずですので是非とも参考にして下さい。

それでは早速、行ってみましょう。

無料プレゼント「業界未経験者のための小さな不動産屋さん独立成功読本」のご請求は今すぐコチラから!

①ターゲットを明確にする

ターゲットをできる限り明確にして下さい。

ターゲットが明確になれば、なるほど、よりターゲットに刺さる無料レポートを作成することが可能になるからです。

少なくとも

  • 居住地域
  • 年収
  • 年齢層
  • 家族構成

ぐらいは明確に設定するようにして下さい。

②無料レポートの内容についてリサーチする

無料レポートでどのような内容を取り上げるのかを検討するためにターゲット層に近い過去のお客さん等に意見を求めます。

たとえば「住宅購入前に知りたかったことや不安に感じていたことが何かありませんか?」などと質問するのが良いでしょう。

絶対にリサーチすること!

こちらで勝手に想像すると高い確率でお客さんが知りたがっていることとズレてしまいます。

③無料レポートの内容を決定する

②のリサーチ結果に基づいて無料レポートで取り上げるべき内容を決定します。

重要度が高く、かつ、説明がそれほど難しくないものを選ぶこと。

説明が難しいものは自ずと文章も難しくなるので、見込み客が途中で読むのをやめてしまう可能性が高くなるからです。

④無料レポートの目次を考える

無料レポートで取り上げる複数の内容をどの順番で伝えるかを決定するべく、無料レポートの目次を考えます。

伝えるべき順番を間違えると、非常に理解しにくい無料レポートになってしまいます。

また文章全体の整合性が取りにくくなって、執筆作業が大変になってしまいますので、目次づくりは時間をかけて慎重に行って下さい。

⑤無料レポートを執筆する

いよいよ無料レポートの本文を執筆します。

執筆時には最低限、以下の3点にご注意下さい。

  1. 主語を省略しない、また、主語と述語の距離を近くする
  2. 難しい専門用語は使わない(どうしても必要な場合には注釈を入れる)
  3. 4行以上になるような長い文章は、なるべく2文に分割する

⑥プロフィールを書く

執筆者のプロフィールを詳細に書きます。

保有資格や経歴などのありがちな内容だけでなく、趣味や家族に関することなどもなるべく詳細に書いて下さい。

目標は見込み客をあなたのことを昔からよく知っているかのように錯覚させることです。

(人はよく知っている人と知らない人ではよく知っている人のことを信頼するし、好意も抱きやすい)

⑦はじめにと終わりにを書く

「はじめに」では無料レポートを請求してくれたことに対する感謝の意を伝えて下さい。

「終わりに」では無料レポートを最後まで読んでくれたことに対する感謝の意を伝えると共に以降、無料メールマガジン、もしくはニュースレターを送付させてもらうことについて再度、確認して下さい。

⑧タイトルを決める

タイトルは既に決めているかもしれませんが、この時点で無料レポートの内容に即して再考します。

無料レポートのタイトルは見込み客リストの獲得率、獲得数にダイレクトに影響します。

嘘のない範囲でなるべく見込み客にとって魅力的なタイトルになるよう、十二分に時間をかけて検討して下さい。

※タイトルと無料レポートの内容に違いがありすぎると見込み客の信頼を失うことになりますのでご注意を。

⑨表紙を作る

無料レポートの表紙についてはWordの表紙機能を利用したり、単にフォントを大きくしたりするだけでも構いませんが見込み客に価値を感じさせたいのなら、デザイナーなどに外注しても良いでしょう。

デザイナーは各種クラウドサービスを利用すれば簡単に見つけることができるはずです。

⑩設定ターゲットに近い人に読んでもらう

無料レポートが一通り、書き上がったら、最初に設定したターゲットに近い人に実際に読んでもらってフィードバックをもらって下さい。

この際、必ず「本音のご意見をお聞かせ下さい。」とお願いするようにしましょう。

差し障りのないフィードバックなんて、もらったところで何の役にも立ちませんので。

⑪フィードバックに基づき修正する

⑩でもらったフィードバックに基づき無料レポートを修正します。

ここは苦しいところではありますが、歯を食いしばって頑張りましょう。

なお、修正できた無料レポートについては当然、再び、⑩の手順を踏むことになります。

⑫小冊子化あるいはPDF化する

無料レポートを見込み客に提供できる状態にするべく、小冊子化あるいはPDF化します。

なお、小冊子の製本を外注化したい場合にはグーグルなどで「小冊子 印刷」などと検索してみて下さい。

今は割と安い料金で製本してくれる業者がいくらでもあります。


以上が不動産購入あるいは売却の見込み客を集客するための無料レポート作成の手順になります。

一つ一つの手順を手を抜かず、しっかりと実践して頂ければ、少なからず集客に効果を発揮する無料レポートが出来上がるはずですので是非とも実践してみて下さい。

以上、よろしくお願い申し上げます。

※無料レポート作成の手順についてより詳細な解説が必要な場合には拙著、「経験ゼロでもムリなく稼げる!小さな不動産屋のはじめ方」の動画特典も合わせてご覧になって下さい。

無料プレゼント「小さな不動産屋さんのためのインターネット集客概論」のご請求は今すぐコチラから!