独立前にチェック!不動産屋での独立に向いている人、向いていない人

不動産屋として独立することを検討しているものの、そもそも自分が独立に向いているのか、向いていないのかが、わからず、なかなか決断できないという方、結構、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、そういう方の決断の一助としてもらうべく、判断材料の一つとして不動産屋としての独立に向いている人、向いていない人、それぞれの特徴を簡潔に紹介したいと思います。

独立の向き、不向きだけでなく、独立した際の成功の度合いを予測する物差しにもなると思いますので、独立することを検討されている方は是非とも参考にして下さい。

独立に向いている人が備える9つの特徴

不動産屋として独立することに向いている人の主な特徴としては次の9つのものを挙げることができます。

①人脈が豊富である

不動産屋として独立後、事業を継続する上で最も大きな問題になるのが集客に関する問題です。
集客ができなければ、売上がたつことはなく、売上がたたなければ、事業を継続することはできないからです。

そのため、お客さんとなり得る人たちとの人脈、あるいはお客さんとなり得る人たちを紹介できる人たちとの人脈があると、人脈の太さに応じて集客の苦労が減少し不動産屋として独立する上で非常に有利になります。
実際、集客に関する知識・努力ともにほぼゼロでありながら、人脈が豊富であるという強みだけで事業を成立させている不動産屋さんが数多く存在しています。

②人の話に耳を傾けることができる

営業の場面で重要になるのは話す力より、聞く力です。
お客さんの話に真剣に耳を傾けることができるからこそ、お客さんの要望を適切に把握することができ、要望にマッチした提案を行うことが可能になるからです。

また、第三者からの価値ある助言をしっかりと受け入れることができるという意味においても人の話に耳を傾けることができるというのは非常に重要な特徴と言えます。

③お客さんを大事にできる

お客さんを大事にできると良い評判が生まれ、その評判が新しいお客さんを連れてきてくれます。
また、もっと直接的な効果として以前のお客さんが新しいお客さんを紹介してくれることも増えてきます。

そのため、きわめて実利的な意味で自然にお客さんを大事にできるということが大きな強みとなりえます

④行動力がある

どれほどすぐれたアイデアがあっても、それを実践できる行動力がなければ、成功することはできません。
逆に、すぐれたアイデアなどなくても、うまくいく可能性があると感じたことを次に次に試すことができる行動力があれば、成功するのは時間の問題です。

その意味で、行動力があるというのは不動産屋としての成功を掴む上で必ず備えるべき特徴と言えると思います。

⑤正しくお金を使うことができる

ビジネスで素早く成功するためには有用性が高いと判断したことには躊躇なくお金を使うことができる決断力が必要です。
ビジネスというのは、そもそもお金を使うことによって、使ったお金以上の大きなリターンを得ることを目的に行われる営みであり、お金を使わない限り、大きく稼ぎを伸ばすことはできないからです。

そのため、一般論としてのお金を使うこと=悪いこと、節約すること=良いこと、とする子供の頃からの刷り込みから逃れられない人は、独立しても、まず大した結果を残すことができないというのが私がこれまで多くの独立した人を見てきた上での結論です。

⑥他人の力をうまく使える

独立する人は、当然、独立心が強い人が多く、なんでも自分でやろうとする傾向がありますが、それでは、なかなかビジネスが前に進みません。
どれほど能力の高い人であっても、自分一人でできることには当然、限界があるからです。

独立して大きな成果が出せるかどうかは、その人、個人の能力以上に、どれほど多くの人がその人に協力してくれるかにかかっています。
つまり、不動産屋として成功したければ他人の力をうまく使える人でなければならないということです。

⑦自己管理ができる

独立するとサラリーマンの頃のように上司からの指示や、勤務時間の縛りがあるわけでもなく、何もかもが自由です。
特に不動産屋さんの場合、飲食店の仕込みや小売店の商品陳列のようなお客さんを迎え入れるための下準備のようなものもありませんので、本当に何もしないで一日を過ごすこともできてしまいます。

しかし、だからこそ、独立し成功するためには自分を強く律し、常にビジネスに前向きに取り組めるだけの自己管理能力が必須となります。
ついつい楽な方向に流れてしまう傾向があることを自覚している人は、この点をしっかりと認識した上で、独立の是非を検討して下さい。

⑧勉強し続けることができる

独立するということは、たとえ自分一人で従業員がいない状態であっても経営者になるということです。
そして経営者ともなれば、一従業員であった時と比べて必要とされる知識の範囲は急激に広くなります

特にマーケティングに関する知識は日々、更新されていきますので、それにキャッチアップするべく、日々、勉強し続けることが求められます。

⑨ストレスに強い

不動産屋の仕事は扱うものが高額なだけに大きなクレームが発生しやすく、ストレスも非常に大きいものになりがちです。
さらに経営者ともなれば、全てのクレームに対して最終的な責任を負わなければならなくなりますので、そのストレスの大きさは半端なものではありません。

したがって不動産屋として独立する人は、その大きなストレスに耐えうる、精神的にタフな人でなければなりません

独立に向いていない人

不動産屋として独立に向いていない人の特徴は、独立に向いている人の特徴をそのまま、反対にひっくり返したものということになります。

すなわち

  • 人脈がない
  • 人の話に耳を傾けることができない
  • お客さんを大事にできない
  • 行動力がない
  • 正しくお金を使うことができない
  • 他人の力をうまく使うことができない
  • 自己管理ができない
  • 勉強しない
  • ストレスに弱い

といったことですね。

そして加えて言うならば、これらの特徴が自分にあることを知りしながら、それを改善しようとしない人ということになります。

上記に挙げた特徴というのは、その大半が心がけ次第である程度、改善することができるものですよね。
一番、改善が難しそうなストレスに弱いという特徴でさえ、様々なストレスを軽減するノウハウを試してみれば、ある程度はコントロールできるようになると思います。

にもかかわらず、改善のための努力ができないというのなら、それは致命的な特徴であり、やはり、不動産屋としての独立はあきらめるしかないということになるでしょう。

逆にあなたが改善のための努力を惜しみなくできる人なら、現時点で独立に向いていない人と判断される特徴を多く持っていたとしても、独立をあきらめることはありません
是非とも改善を続けて、ご自身を独立向きの特徴、全てを備える人へと近づけていって下さい。

特徴を改善するためにやるべきこと

ひょっとすると、あなたは今、こんなことを考えているかもしれません。

「言っていることは、わかるけど、長年、自分にしみついてきた特徴なんて、そんなに簡単に改善できるもの、なのだろうか?」

たしかにそのとおり。
40歳の方なら40年、50歳の方なら50年かけて自分にしみついてきた特徴を改善するというのは、そんなに簡単なことではありません。

そこでここでは長年にわたって自分にしみついてきた独立向きでない特徴を改善するためのヒントをいくつか提示しておきたいと思います。

①自分が備えるべき特徴を貼っておく

自分が不動産屋として独立して成功するために備えるべき、特徴を紙に書いて業務机の前など、常に目につう前に貼っておくようにします。
改善のための努力を持続的なものにするために、常に自分が到達するべきゴールを意識できるようにするということです。

②決断前に自問する

何かについて決断しようとするたびに、「独立向きの人なら、どんな決断をするだろうか?」と自分に質問することを習慣化して下さい。

たとえば、友達から知らない人ばかりの飲み会に参加しないかと誘われた際にも「独立向きの人なら、どんな決断をするだろうか?」と自分に質問した上で決断するようにするということです。
独立向きの人なら、きっと「知らない人ばかりということは、人脈を一気に広げるチャンス!」と考えて、喜んで飲み会に参加することでしょう。

③損失を意識する

自分が独立に向かない特徴を持ったままだと、どんな損失を被ることになるのかを意識するということです。

人は総じて「得したい」という感情より「損をしたくない」という感情の方が強いと言われています。
その感情の強さを特徴の改善に利用するということです。

たとえば「人の話に耳を傾けることができない」ままだと、お客さんの要望を的確に把握することができませんので「成約率は確実に下がる」ことになります。
また「お客さんを大事にできない」ままだと、お客さんは新しいお客さんを紹介する気になんて、なれませんので「紹介客を獲得するチャンスを失う」ことになります。

このような損失をしっかりと意識すれば、自ずと損失を被ることを避けたいという感情が湧きおこり、その感情が特徴の改善に後押ししてくれることになります。

以上のようなことを意識してもらえれば、特徴の改善も、それほど難しいことではなくなるはずですので是非、実践してみて下さいね。

まとめ

1.不動産屋として独立することに向いている人の特徴は以下の9つ。

人脈が豊富である
②人の話に耳を傾けることができる
③お客さんを大事にできる
行動力がある
⑤正しくお金を使うことができる
他人の力をうまく使える
⑦自己管理ができる
⑧勉強し続けることができる
⑨ストレスに強い

2.独立に向いていない人の特徴は独立に向いている人の特徴を反対にひっくり返したもの。
ただし、そのような特徴を持っている人であっても、その特徴を改善するための努力ができる人であれば不動産屋として独立することをあきらめる必要はない

3.独立向きでない人が自分の特徴を独立向きのものに改善するためのヒントとしては以下の3つのものを挙げることができる。

①自分が備えるべき特徴を紙に書いて、目につきやすい場所に貼っておく。
②決断しようとするたびに「独立向きの人なら、どんな決断をするだろうか?」と自分に質問することを習慣化する。
③自分が独立向きでない特徴を持ったままだと、どんな損失を被ることになるのかを意識する。